書き綴り

みぶりてれびの事件

私はローカルテレビが大好きだ。
故に結構な頻度でローカルテレビにチャンネルを合わせる。
お気に入りの番組も多い。
そのお気に入りの中に「みぶりてれび」と言う番組がある。
一言で言うと、「低年齢層向け体操番組」だ。

続きを読む

書き綴り

エミ子の長いつきあい

小学校5年生の夏休みの1ヶ月間、親戚の住んでいる札幌に行った。
ラジオ大好き少年だった私は当然札幌でも毎日ラジオを聞いていた。
中でもお気に入りだったのが、「エミ子の長いつきあい」と言う、確か10分程度番組だったと思う。

♪何となく愛して、何となく別れた、けれど又出会った街の角
何となく長い付き合いになりそうな山野楽器♪

と言うテーマで番組は始まる。
パーソナリティーは中山恵美子氏。
放送局は北海道HBC放送。
歌詞にあるように山野楽器が提供である。

続きを読む

書き綴り

アーチスト

唐突だが、私は昨今の歌手又はアイドルの事を「アーチスト」と呼ぶ傾向が大嫌いだ。
決してアイドルを蔑視している訳でも何でもないし、私自身、アイドル歌手が割と好きだったりするのだが、果たしてアイドル歌手はアーチストなのだろうか?と言う疑問が沸いて仕方が無い。
まぁ、芸能人である訳で、芸事=芸術と、かなり俯瞰して解釈すれば「アーチスト」と言う呼称も決して間違ってはいないのかもしれないが、だとすると表現があまりにもぼんやりし過ぎてしまって気持ち悪い。
何故昨今のアイドル達の多くは、公然と「アイドル」と謳えないのだろうか?
或いは「歌手」でもいいや。
そもそもそんなに「アーチスト」って言葉は耳に心地よいか?

続きを読む

書き綴り

ガンダムのプラモデルの思い出

中学生の頃の話。
私の世代がガンダムに夢中になった最高齢だと思う。






クラスでもほとんどの男子がガンダムのプラモデルを持っていた程流行っていた。
当時ガンダムと言えば社会現象になる程のフィーバー(死語か?)で、関連商品も飛ぶように売れていた。
その中もでも主流がプラモデル、今で言う「ガンプラ」である。
因みに当時はガンプラと言う呼称は無かったと記憶しているが、まぁ、これは余談なのでどうでもいい。
ガンダムのプラモデルのブームと言うのは、それはそれは凄まじい限りで、入荷されれば飛ぶように売れ、万年品薄状態が続いていた。
ガンダムのプラモデルを求めて押し寄せた人に潰されて、死亡事故が起こったと言う話もある程だ。
現代では想像も付かない程の流行方をしていたのだ。

続きを読む

書き綴り

ユーリファリンクス

小学生の頃、ある深海魚に異様に興味を持った事がある。





キッカケは学校の教科書に載っていたからだ。
確か国語の教科書だったと思う。
何故か理科ではなく国語なのだ。
「深海に挑む科学者」的な内容だったと思うので、そう不思議でもないか?

続きを読む

書き綴り

セミの思い出

男の子と言うのは昆虫が好きだ。
私も御多分に漏れず昆虫好きな子供だった。
カブトムシやクワガタなどももちろん好きだったのだが、何を隠そう、一番好きだった昆虫は「セミ」である。
夏となればセミを捕まえる事に異様な情熱を燃やしていたものだ。


semi.jpg


続きを読む

書き綴り

初心者/E

その昔、インターネットがこんなに普及するちょっと前の事。
当時のネットによるコミュニティの主流と言えばニフティサーブだった。
今のように絵や音、ましてや動画などを自由に閲覧できるほどの通信環境にない時代のお話である。

続きを読む

書き綴り

理想のガラケー

スマホの普及が破竹の勢いの昨今、ともすればガラケー使いは一昔前の人みたいな言われ方もするとかしないとか。
かく言う私もiphoneにしてしまったが故、スマホ持ちにな訳だが、なんか腑に落ちないんだよなぁ。

続きを読む

書き綴り

ハローヤングラブ

小学生の頃のお話。
最寄の駅のデパートの屋上でラジオ放送の公開録音が行われていた。
アイドルを招いた若年層向けの番組で、その名も「ハローヤングラブ」。

続きを読む

書き綴り

禁煙した人によくみられる現象

私も2013年をもって禁煙10周年となった。
自分で言うのもなんだが、結構なヘビースモーカーだったので、禁煙にトライして挫折した事も一度や二度ではない。
かと言って三度目かと言えばそうでもない。(笑)

続きを読む

<< 1 2 3 4 5.. >>



Powered by Seesaa