そこはかとなく書き綴る > 書き綴り > それにつけてもおやつはカール! 関東人だってカールが食べたいぜ!

書き綴り

それにつけてもおやつはカール! 関東人だってカールが食べたいぜ!


carl1.jpg



♪はぁ〜あ、俺らがの方にも出掛けて来いやぁ〜♪
この歌を聴いて、クワを持った泥棒髭のオジサンを連想する人は決して少なくないはず。
言うまでも無い、明治を代表する国民的なスナック菓子であるカールのCMだ。
この記事を書いているのが2017年の10月初旬なので、カールが2017年の8月生産分をもって関東での販売を終了してから既に2ヶ月が経過した。
関東人である我々の心には、あれ以来、ポッカリと大きな穴が空いている。
そう、いつでも食べる事が出来た、あの美味しいカールを、もう自由に食べる事が出来ないからだ。


5月だったか?
カールの関東からの撤退のニュースが流れたや否や、スーパーやコンビニではカールの争奪戦が始まる日々が始まった。
勿論、私も、そのカール争奪戦とやらに参加した訳だが、やはり一番人気はチーズ味。
瞬く間にスーパーやコンビニからその姿を消した。
まさにマッハの速さだ。
当然、私が購入に出向いた時には既にチーズ味は綺麗さっぱり棚から消え去り、チーズ味に比べると、やや人気が劣るカレー味と塩あじを残すのみだった。
やはり本当はチーズ味を買って帰りたかったのだが、ここは涙を飲んでカレー味と塩味を買って帰った次第だ。
そんな訳で、残念ながら私はカール・チーズ味との最後の時を過ごす事は出来なかったのだが、買ってきたカレー味と塩味を食べつつ、これまでの美味しい思い出に感謝をし、カールとの最後の時間を過ごした。


余談だが、私が小学生の頃・・・つまり数十年前だな。
社会科見学で明治に行った事がある。
日頃から見慣れたお菓子たちの製造工程を実際に見る事が出来てテンションが上がった私たちガキンチョは、「へぇ〜っ」とか「すげーっ!」とかの感嘆詞のみを発していたのではないかな?
板チョコや、勿論、カールの製造工程も見ることが出来た。
目の前で出来上がっていくお菓子たちを見ながら、もう、食べたくて食べたくて仕方なったのを今でも覚えている。
てっきり見学が終了したらお土産でお菓子をもらえるものだと思っていたのだが、くれなかったんだよなぁ。
貰ったお土産を帰りのバスの中で食べるって言う算段を勝手に立てていたのだけど、脆くも、その目論見は崩れ去って、帰りのバスの中では独特のもどかしさが蔓延していた。
僕は帰宅後、直ぐにカールを買いに行って、帰りのバスの中でのもどかしさのリベンジをしたのだけど、他の子はどうだったのかな?

そんな思いでのあった私は、ここでふと思う。
私の通っていた小学校は東京都下にあった。
当然、そこから社会科見学へ向かうのだから、少なくとも関東圏に製造工場があったのは間違いない。
私の記憶が正しければ、おそらく、23区内にあったのじゃないかな?
「こんな都会の真ん中にお菓子工場があるんだぁ」と言う印象があるし、工場自体も一棟のビルで、所謂「工場」とは随分印象が異なるものだった。
つまり、何が言いたいのかと言うと、明治は東京に製造工場を持っているはずなのに、何故にこの度、関東でのカールの販売を終了するのだろう?
と言う疑問があったのだ。
その答えは、つまり、生産拠点を減らしたと言う事らしい。
拠点を減らすと言う事は即ち、生産数も減らすと言う事な訳で、どの位縮小するのかと言うと、従来は全国の5工場で生産していたのを、四国の一箇所に絞ると言うのだから、それはそれは凄まじい削減を行う訳だな。
単純に生産箇所で考えるなら従来の20パーセントしか生産しなくなるのだから、そりゃ、全国に流通させるのは難しくなるわなぁ。
世知辛いねぇ。
しかし、カールってそんなに売り上げが落ちてたんだね。
時代なんだねぇ。
おやつと言えばカールだったのにねぇ。


日本の真ん中から西側の人たちは相変わらずカールを普通に食べる事が出来る訳だが、真ん中から東側に住む我々にとっては、すっかり希少種になってしまったカール。
普通に手に入る時はそれ程感じないのだが、手に入らないとなると、異様に欲しくなるのだから、人間と言うのは勝手な生き物だ。
「ああ、カールのチーズ味食いてーなぁ」等と思いつつ過ごす日々が続いた訳だが、そんな中、やっぱり考えてしまう。


カールのチーズ味を手に入れる方法無いかなぁ?


なんて事をつらつらと思っていたある日、思いがけずカール・チーズ味を手に入れる事が出来たのだ。



carl2.jpg



結果から言おう。
ドンキホーテに売ってたのさ!!
多分、ドンキの独自の流通網を利用して関東の各店に仕入れているのだろうね。
これは嬉しかったなぁ。
嘗て、普通にお店にカールが並んでいた光景がそのままそこにあるのだから、何とも感慨深い。
たった一ヶ月ちょっとなのにね。
迷う事無く買い物カゴにブチ込んだのは言うまでも無いのだけど、そこには嘗てとは違う条件が一つだけあった。
「お一人様一つ限り」なのだ。
このポップの文言を見て、はやり、関東に於いてはカールは希少種だと言う事を改めて認識する事になり、再び寂しさがこみ上げるのだが、とは言え、条件が限られるとは言え、未だにカール・チーズ味を手に入れる事が出来るのは嬉しい限りだ。
ありがとう、ドンキ!
但し、何時でも店頭にある訳ではないと言う事も念頭に置いておいた方がいいだろうね。

又、嘗ての様に店頭での入手は中々難しいものがあるのだが、通販で手に入れる事は出来るので、どうしてもカールが食べたいと言う人は通販を利用するのもいいんじゃないかな?







若干高めなのは否めないが、手に入る事は手に入る。
いい時代だねぇ。
どうしても食べたくなったら利用するのもありだよね。


と、まぁ、現段階では幾通りかの入手方法があるのだが、単にカールのチーズ味が食べたいと言うだけなら、個人的に一番オススメなのはコレ!!



carl13.jpg



セブンイレブンに行けば高い確率で売ってる、このお菓子。
その名も「チーズリング」。
これね、もう、なんて言うか、すげーカールなのよ。
OEMなんじゃね?
とさえ思える程にカール感が炸裂してるんだよね。
とりあえず、あの味だけを味わいたいならコレでいいんじゃないかと。
ただ、ビジュアル的には全くカールじゃないので、気分を出したいと言うなら、今、話題のアイテム、カール・チーズ味パズルを横に置くといいだろう。
何しろパッケージはそのまんまカールのチーズ味!!
これをチーズリングを食べながら眺めれば、カールのチーズ味を食べてる様な錯覚を起こすはず。
これでカール・チーズ味を楽しむ環境はバッチリ!!

やっぱり、おやつと言えばカールのチーズ味。
カールのチーズ味を食べてると、なんと言うか、心の故郷に帰ってきた様な気分になるんだよね。
いいもんだなぁ、故郷は…。

お後が宜しい様で。











<<謎肉の正体、見破ったり!! | そこはかとなく書き綴るトップへ | もしやアナタは?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa