そこはかとなく書き綴る > 書き綴り > 謎肉の正体、見破ったり!!

書き綴り

謎肉の正体、見破ったり!!


nazoniku1.jpg



メーカーがカミングアウトしてるんだから、見破ったりも何も無いわな。
謎肉がわからんと言う輩の為に説明しておこう。
日清のカップヌードルの一番ベーシックなモデル、つまり醤油味になるのかな?
主に、その醤油味の具材として入ってる、あの四角い肉の事だ。
何やらパサパサしてて、一体何の肉が使われているのかよくわからない例のヤツだ。
発売以来、頑なにその正体をひた隠しにしてきたのだが、何と、この度、カップヌードル発売46年目にして、日清食品は謎肉の正体を明かしたのだ!


カップヌードルの肉が何なのか問題と言うは、確かに昔からあって、誰が言い出したか、私が少年の頃なんかは「アレはネズミの肉なんだぜ!」なんて噂が実しやかに流れていたものだ。
勿論、全く根拠の無い噂なのだが、流れて来た噂は体全体で受け止めるのがガキンチョだ。
真偽なんてどうだって良い。
って言うか、真偽の程を確かめるだけの知恵が備わってないので、それが真実なんだと信じて疑わない訳で、噂が流れてきて程なくすれば、ガキンチョの間では「カップヌードルの肉=ねずみの肉」と言う構図がすんなりと出来上がってしまうってスンポーだ。
中には「カップヌードルの肉ってネズミの糞なんだぜ!」なんて言い出すヤツも少なからずいる訳だが、流石にそれは浸透しなかったな。
いくらガキンチョとは言え、排泄物を食品加工するなんて事はあり得ないと言う意識があったんだろうね。

因みに、ほぼ同時期に「マクドナルドの肉は猫の肉」なんて噂も流れてきてて、勿論、それも全力で信じていた。
但し、これに関しては、当時、メーカーが全力で否定するCMを打ったので、浸透しきる迄には至らなかった。
「マクドナルドのパティは100パーセントビーフです!」的なヤツね。

故意なのか自然になのかは定かではないが、当時は、そう言った、企業に不利になる様な噂が多々流れてたんだよね。
で、大概は上述のマクドナルドの様に対策を打つわけだけど、何故か日清は口を噤んだままだった。
そんなこんなで当時の噂を信じたガキンチョ共も徐々に成長し、流石にネズミの肉を食品として販売はしないと言う事に気づきはじめる訳だが、とは言え、相変わらず日清からカップヌードルの肉の詳細が発表される事もなく、いつの頃からか「謎肉」と呼ばれる様になって今に至る。
そんな謎肉の正体が長きの時を経て明らかになった訳だから、中には万感の思いを胸に、その事実を受け止めている嘗てのガキンチョもいるのではないだろうか?

ってな訳で、謎肉の正体ね。
どうやら謎肉の正体は、肉ミンチと大豆がミックスされたものらしい。
なるほどね。
肉ちゃあ肉だけど、肉っぽくないっちゃあ肉っぽくない、あの不思議な感じは、そう言う事だった訳ね。
って言うか、何故これ程迄に長きに渡って詳細を隠蔽してきたのかも謎だし、それだけ頑なだった事を何故このタイミングでカミングアウトしたのかも謎だったりするのだが、まぁ、それが日清が日清たる所以なのかもしれないね。

そんな日清だが、カミングアウトを期に、この度、謎肉祭りなるイベントを開催していて、特殊仕様のカップヌードルが期間限定で発売されている。
要するに、スタンダードなカップヌードルの謎肉が大盛りになってるバージョンで、しかも、一般的な謎肉に加えて、ホワイト謎肉もブレンドされていると言う特別仕様。
セブンイレブン限定で発売されているのだ。
これは、ネズミの肉だと信じて疑わなかったガキの頃からカップヌードルが大好きだった身としては是が非にでも手に入れたい一品であるのは言うまでも無い。
ってな訳で入手する為に街を徘徊する訳だが…。
これが中々手に入らない!!
やっぱり、私の様にカップヌードルに並々ならぬ思いを持っている人は少なくないんだと言う事を痛感した次第だ。
そんな争奪戦の中、幸い、数店舗を巡って、やっと1個を手に入れる事が出来たのはラッキーだったと言わざるを得ない。

それじゃあ早速食べてみよう!!



nazoniku2.jpg



蓋を開けると目に飛び込んでくるのは尋常じゃ無い数の謎肉。
しかも白と黒のツートンカラーが斬新だ!!
この大量の謎肉を独り占め出来ると言うのだから、なんとも贅沢な逸品じゃあないか!!



nazoniku3.jpg



お湯をいれて3分間。
至ってノーマルなカップヌードルの調理方法だ。
だが、出来上がりはノーマルのカップヌードルとは明らかに一線を画しているぞ!!
見よ!!
この謎肉の量を!!
存分に楽しもうぞ!


しかし、この謎肉ってネーミング。
明らかに自虐ギャグだよねぇ。
世間では「日清は安定的に狂ってる」なんて、要するにファンからは絶賛されている訳だけど、今回の謎肉フィーチャーは、そう言う意味では日清の真価が存分に発揮された企画かもしれないね。

この謎肉だけど、カップヌードル以外にも謎肉丼なるものも発売されているらしいので、是非食べてみたいのだが、これはどうやらカップヌードルミュージアムでのみの販売らしいので、一般流通じゃないのが寂しいね。

因みにセブンイレブンのネット販売限定で、この「謎肉」のみをパックにしたセットも発売中だ!!
何とも思い切った商品をリリースするもんだ。
流石、安定して狂っている日清。
やるねぇ。(笑)
でも、この謎肉、どうやって食うんだ?
流石にこれのみで食べるのは抵抗感があるよな。
やっぱ、アレか。
インスタントラーメンの具として利用するのがベターか?
意外と汎用性はないかもね。






カップヌードル謎肉祭の素4連パック







スポンサードリンク


<<ダビング・ア・ゴー・ゴー!! | そこはかとなく書き綴るトップへ | それにつけてもおやつはカール! 関東人だってカールが食べたいぜ!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。