そこはかとなく書き綴る > ゲーム > ジップベアータウン・・・ジップジャン!!

ゲーム

ジップベアータウン・・・ジップジャン!!



ジップジャン.bmp



2001〜2年頃だったかな?
Shockwaveのサービスで無料ゲームがあった。
ブラウザーゲームなのだけど、なかなか楽しいゲームが多くて、仕事の合間によくやっていたものだった。
中でもジップジャンと言う、所謂ドンジャラ系のマージャンゲームが私のお気に入りだった。


まぁ、要するに簡素化されたマージャンなのだけど、実際のマージャン程時間をとらずにサクサクと楽しめるのがジップジャンのいいところで、仕事の合間にサクっと遊ぶには丁度良いゲームだった。
又、世界観も独特で、メルヘンなのかSFなのか、もはや迷走していると言っても言い過ぎではない不気味キャラがゲームの相手となってくれるのも、仕事で疲れてサイケデリックになってしまった頭には丁度良いフィット感を醸し出していた。
そんな訳でお気に入りだったジップジャンなのだが、残念ながら、現在Shockwaveでの公開は終了してしまったのだが、在り難い事にこちらのサイトで現在も公開されているので、今でも時々アクセスしては、あの不気味なキャラたちと対戦を楽しんでいたりする。

さて、このジップジャン。
マージャンと同じ様に「役」がある。
点数によってマンガンからヤクマンまでの呼び名もちゃんと用意されている。
そんな訳で、やっぱりゲームをするからには高い点数を狙いたいもので、あわよくばヤクマンを狙って遊ぶのだが、簡易型マージャンゲームと言っても、中々どうして、そんなに簡単に高得点が狙えるものでもない。
とは言え、長くやっていれば、それなりに高い役で上がる事も稀にあるのも事実で、今回はひとつ、私が上がった事のある高得点役を紹介してみようと思う。


バイマン

バイマン.jpg



写真の役は、リーチ、イッパツ、キャプティー号ツモ、ホンイツ、プルドック、ドラ、のバイマン。
リーチ、イッパツ、ドラはマージャンと一緒。
プルドックは所謂役牌。
ホンイツはキャラクター牌1組以外は白牌の構成。
キャプティー号と言うのはやや特殊で、所謂ワイルドカード的な使い方をする牌で、リーチの際にキャプティー号を捨てれば「キャプティー号リーチ」となり、テンパイ中、キャプティー号の牌で上がれば「キャプティー号ツモ」となる。


ハッピーハッピー

ハッピーハッピー.jpg



テンホウ
マージャンではヤクマンなのだが、ジップジャンではバイマン扱い。
理由としては、ジップジャンにはシュンツがなくアンコのみなので、牌が揃い易いと言う事なのではないかと思う。


ヤクマンテンパイ

ヤクマンテンパイ.jpg



これは猛烈に悔しかった!!
同キャラのアンコを3つ揃えればヤクマンなのだが、テンパイしたからと言って、中々上がらせてくれるものではない。
ああ、あとひとつ、トロンドロちゃんがきてくれれば〜・・・。


ドロンドロちゃん

ドロンドロンちゃん.jpg



奇しくも、ああ、奇しくも!!
私が始めて出したヤクマンがドロンドロちゃん!!
テンパイまで行って上がれなかったトラウマをも吹き飛ばす感動がここにあった!!
ドドドンとでっかく描かれたドロンドロちゃんが他の役とは一線を画している事を物語っている。


さて、上で紹介した役以外にも楽しい役が満載のジップジャン。
比較的揃え易い役を幾つか紹介しておこう。

ジップベアとキャプテンで「スペイシー師弟」。
ジップベアとココニータで「わがままアタック」。
ジップベアとキャプテンとココニータで「ドタバタメーカー」。
ジップベアとプルドックで「いつもなかよし」。
三種類の色を揃えて「サンショク」。
占いババ、キャプテン、ココニータのサンショクで「ライバルサンショク」。
モジョ、ドロンドロちゃん、食い神坊のサンショクで「タウンズサンショク」。

あたりは結構揃え易い役だったりする。
又、役をモチーフとした簡易アニメが表示されるのも楽しい。


と、まぁ、そんな訳で今でも好きな無料オンラインブラウザゲームのジップジャン。
現在ではスマホ版なんかもあるみたいで、一定のファンはいるみたい。
興味がある人は、是非やってみてね!!




スポンサードリンク


<<嗚呼憧れのスーパー未来メカ ラテカセ! SONY JACKAL300 | そこはかとなく書き綴るトップへ | sakusaku終了に思う天才黒幕氏>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa