そこはかとなく書き綴る > 書き綴り > アーチスト

書き綴り

アーチスト

唐突だが、私は昨今の歌手又はアイドルの事を「アーチスト」と呼ぶ傾向が大嫌いだ。
決してアイドルを蔑視している訳でも何でもないし、私自身、アイドル歌手が割と好きだったりするのだが、果たしてアイドル歌手はアーチストなのだろうか?と言う疑問が沸いて仕方が無い。
まぁ、芸能人である訳で、芸事=芸術と、かなり俯瞰して解釈すれば「アーチスト」と言う呼称も決して間違ってはいないのかもしれないが、だとすると表現があまりにもぼんやりし過ぎてしまって気持ち悪い。
何故昨今のアイドル達の多くは、公然と「アイドル」と謳えないのだろうか?
或いは「歌手」でもいいや。
そもそもそんなに「アーチスト」って言葉は耳に心地よいか?

アーチストとは直訳すれば芸術家である。
即ち、美術、音楽を含め、かな〜り広い範囲をカバーしている単語だ。
つまりサブカルチャーに従事する人の多くはアーチストと言う事になる。
ただ、個人的な主観で言わせて貰えば、アーチストとは極めて職人的な創造者であり、表現するものを自らの手で作り出している人々の事を指すのではないかと思っている。
アイドル歌手も実に大変な商売である事は理解しているつもりだが、果たして彼らはそれに該当するのだろうか?
「これを歌いなさい」「こう言う風に踊りなさい」等、彼らのイニシアチブで表現しているものは皆無に近い訳で、テレビ等で見ているパフォーマンスが彼ら自らが生み出したものではないのであれば、彼らを呼ぶに相応しいのは「演者」である。
演者、つまりパフォーマーである。
決してクリエイターではない。
これを理解せずに語感の心地よさだけで呼び方を決めてしまっているが故に歪みが生まれるのだ。
是正して頂きたいものだ。

演者が演者と呼ばれる事に何か問題があるのだろうか?
日々努力して歌や踊りに磨きを掛けているのであれば、それを誇らしく思えばいい。
人々から羨望の眼差しで見られるために、日々カッコ良く、或いは美しくあるのも大変な事なのだ。
それに誇りを持てばいい。
わざわざ人様の分野の領海を侵犯する必要はないのだ。

さて、いつ頃からアイドル歌手をはじめとする演者の人を「アーチスト」と呼ぶようになったのだろうか?
とつらつら考えていたら、思い当たるふしが!
そういや、本田美奈子が昔、ザ・ベストテンで言ってたな。
「美奈子はアーチストですから!!(キリッ)」って。
な、なるほど。
そっか、美奈子姫が言い出したのか。
んー、ならいっか?
うん、いいな!!
いい、いい!
アーチストで全然いい!!



スポンサードリンク


<<ガンダムのプラモデルの思い出 | そこはかとなく書き綴るトップへ | エミ子の長いつきあい>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa