そこはかとなく書き綴る > ゲーム > メタルギアソリッド3について

ゲーム

メタルギアソリッド3について

なんだかんだで1〜3まで持ってる。
結構好きなシリーズだ。
PS2までしかハードを持ってないので4は持ってないが、その内機会があればやってみようと思うがいつになる事やら・・・。


私はこの手のゲームが苦手だ。
唐突に身も蓋も無い事をのたまってしまったが事実なので仕方が無い。
とは言え、この場合の「この手」くらいの説明くらいしておこう。
即ち、アクションゲームでありながら視点がシステムの都合によって変更するゲームの事だ。
通常アクションゲームは自キャラの後方からの俯瞰視点なのだが、このゲームは場面場面によって様々に視点が変わる仕様になっている。
横からだったり前からだったり斜めからだったりと目まぐるしい。
これは方向音痴の私にとっては実に厄介な仕様なのだ。
要するに自分の操作しているキャラの位置を把握出来なくなってしまうからだ。
しかもアクションである以上、リアルタイムで状況に対応しなくてはゲームオーバーになってしまうのだから、もはや苛めと言っても過言ではない。
操作が複雑だと言うのも敷居を高くしている要素のひとつだろう。
因みにバイオハザードもこの類のゲームなのでプレイする事が出来ない。
どんなに話題になったゲームであったとしてもこの手のゲームは敬遠してきたのだ。

さて、そんなメタルギアシリーズだが、ゲーム性や世界観、更には主人公のソリッド・スネークのカッコよさ(大塚明夫氏の声、超カッコいい!)が故、苦手さを差し置いてプレイした唯一のゲームだ。
もちろん相当苦労したのだが、やり込んだお陰でなんとか普通にプレイ出来るようになった。
1と2はかなりやり込み、2に至っては難易度エクストリームもなんとかクリアした。
苦手であるにも関わらず、そこまでやり込ませてしまう魅力がこのゲームにはあったのだ。
このゲーム、敵地に潜入し、尚且つ敵になるべく見つからない様にしながら進んでいくと言う遊び方をするのだが、これが実にスリリングで楽しい。
敵の行動は「ソリトンレーダー」と呼ばれるレーダーにて判断する事が出来る。
要するに敵の視点と視野を視覚的に読み取る事が出来る訳だ。
このレーダーが右上に常に表示されているので、敵の動きに気をつけながら敵に見つからない様に行動する事が出来る。
実によく出来たシステムなのだ。
前置きが長くなったが、そんなこんなで3の話。

シリーズ最高傑作との呼び声も高く、現在でも3の評判は非常に高い。
もちろん当時の評判も極上だった。
苦手とは言え、1と2をあれほどやり込んだのだから何とかなるはずだ。
そう思ってやってみたのだが・・・。
こりゃ俺にはどうにもならん!
あれ程やりこんだシリーズなのにも関わらず、何故3だけがどうにもならないかと言うと

ソリトンレーダーシステムが廃止されているからである。

こいつはホントに参った。
ソリトンレーダーが無いお陰で、敵の位置確認は基本的には目視で行うのだが、これが猛烈に厄介。
レーダー的なものもあるのだが、一々装備する必要がある上、ボタンを押さないと動作しないものすらある。
更には使ううちにバッテリーが減っていくと言うマゾ仕様。
こんなのできるか!!
常に右上に敵の位置情報が表示されていたソリトンレーダーとは違い、いくらレーダーがあるとは言え、自ら積極的に敵の位置情報を得ながらでなければ進むことが出来ないのだ。
もう、それだけでも鬱陶しくてしかたない。
エリアに入り、スコープで辺りを目視確認した上、レーダーを使い敵の位置を確認しつつ、匍匐しながら進んでいくと言う段取りになる訳だが、匍匐しながら茂み等に入ろうものなら、自動的に視点が変更になるが故、余計ややこしい。
自キャラの位置を見失いやすいのだ。
「あれ?敵はあっちだよな?」などと思いながら、麻酔銃を構えて茂みからちょこっと顔を出すと途端に見つかってしまうと言うシチュエーションに何度見舞われた事か。
もちろん私が下手くそだからなのだが、とてもじゃないがゲームを楽しむ事が出来なかったのだ。
そんな訳でストレスがピークに達してしまい、プレイするのをやめてしまった。

あれから数年、何故か今、メタルギアソリッドがマイブームだ。
1と2を再びやり込み、「今なら3も出来るかもしれない!」と思い、3をプレイしてみた結果、

やっぱり無理だった。

とは言え、やっぱりストーリーが気になるのでなんとか出来ないかと考えた挙句、改造ツールでスネークを無敵にしてゲームを進めてやったぜ。
これなら何度見つかっても絶対ゲームオーバーにならないぜ、ふへへへ。

そんな訳で、数年越しにやっとメタルギアソリッド3のストーリーを知る事ができた。
1〜3までしかやった事ないが、確かに3のストーリーは感動ものだなぁ。
ホント、やっとクリアできてメデタシメデタシだぜ。

何人たりとも私のズルを非難する事は許さん!!

あ、ても猿蛇合戦は楽しかったな!









スポンサードリンク


<<セミの思い出 | そこはかとなく書き綴るトップへ | ユーリファリンクス>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa