そこはかとなく書き綴る > ゲーム > ゲームが楽しかった頃 3DO編

ゲーム

ゲームが楽しかった頃 3DO編

次世代機のパイオニアと言っても間違いではないだろう。
既存のハード(その頃はスーファミね)の性能を圧倒的に凌駕していたにも関わらず、いまひとつ話題にならなかった悲劇のハードがこの3DOだ。

そもそも立ち位置が大変中途半端だったので、ゲーム機であると言う認識を持ってなかった人もいるのではないだろうか?
当時3DOは松下電器が主になって販売していたのだが、任天堂やセガなどと異なり、松下が開発したハードでは無くライセンスはあくまでも3DO社にあった。
つまりライセンスを得さえすれば、どの会社からでも販売が可能なのである。
因みに松下から発売されていたのは「3DOREAL」で最も有名。
東芝からは発売されてたのは「3DOTRY」だったかな?
ちょっと記憶が曖昧なので詳しくは各自で調べてね。
で、何故立ち位置が中途半端かと言うと、他でもない、メーカーは3DOを明確にゲーム機と謳っていないのだ。
では何と謳っていたかと言うと「マルチメディア機」と言う何とも掴みどころの無い機器名。
当時異様にマルチメディアって言葉が流行っていたのだけど、結局そのマルチメディアと言うのが何を指すのかが明確に定義されていなかったので、ユーザーも困惑してたんだろうね。
個人的には未だにマルチメディアとは何なのかよくわかってないが、まぁ要するにCD媒体だからいろんな用途がありますよって事だったんだろう。
確かにゲームのロムがCDだって言うのは新しかった。
ゲーム機としても音楽CD再生機としても、或いは(3DOにその機能があったかは忘れたが)ビデオCD再生にと、ひとつの機械で何通りかの使い方が出来るのは大変斬新だった。
なにしろパソコンもそれほど普及している時代じゃないので、メディアの使いまわしなんて認識は一般的には皆無だからね。
ところで先の記事でも書いたが、ワープのゲームは最初はこのハードから発売されていたんだよね。
手探り感のあるハードだったのでベンチャー企業が参加しやすかったのかもしれない。


・ファラオの封印
ピラミッドを探索するRPG。
所謂ダンジョン探索型RPGって言うのかな?
何しろ当時に於いては斬新極まりないフル3Dによるゲームなので、見た目のインパクトは中々だった。
当時は2Dのドット絵、ストライプが主流だったからね。
ところで、何故かこのゲーム、自キャラのステータスが一切表示されない。
それどころか一切パラメータが表示されなかったんじゃないかな?
従来型のRPGとは随分勝手が違うのに困惑してしまい、遊び方がわからないのだ。
挙句にゲーム雑誌にも記事にならない。
因みに説明書も大変不親切だ。
結局行き詰った同僚(一緒に攻略していた)がメーカーに電話して遊び方を教わった事で普通に攻略出来るようになった。
つまり表面的には全然変わらない自キャラだが、敵を倒している内に強くなっているので、安心してそのまま進めばいいだけの話だった訳だ。
最終的に最深部にいるボスキャラを倒して終了なのだが、表示のめずらしさもあって、結構楽しめた記憶がある。
まぁ、今やったらつまらないだろうけどね。

・マカロニほうれん荘
鴨川つばめ氏原作の漫画のゲーム化なのは言うまでもない。
鴨川氏の漫画が大好きな私は迷わずに飛びついた。
メーカー名は覚えていないが、作ったのは恐らくベンチャー企業なんじゃないかな?
なにしろこのゲーム、とんでもないクソゲーで、まったくもって面白くない。
まず違和感があるのは主人公たちが関西弁なのだ。
吉本の芸人たちがアフレコしているらしいのだが、何故マカロニのアフレコを関西の人にやらせるのかが解せない。
そうじやきんどーちゃん、トシちゃんらが関西弁な訳ないじゃんか!
肝心のゲーム部分も猛烈につまらない。
何しろマカロニファンの私がソッコーで売り飛ばした程のつまらなさだ。
現在も内容はほとんど覚えていない。
唯一覚えているのが、きんどーちゃんの台詞、「何処へー?」だ。
ホントにつまんなかったなぁ。(笑)

・スーパーストリートファイター2X
個人的には、これをプレイできると言うだけで3DOを持っている意味があった。
プレステ、サターンの快進撃に焦った松下がキラーコンテンツとして投入した訳だが、完全に旬は過ぎた頃のリリースだったので、私の様なファンに対して以外には牽引力は発揮できなかったと言うのが正直なところだろう。
よって3DOの起死回生を促す事は出来なかった。
このソフトのリリースがあと1年早ければ多少は違ったかもしれないのだが・・・。
又、3DOはコントローラは特殊なので、純正コントローラでこのゲームを遊ぶことは出来ない。
(まぁ出来なくはないだろうが、猛烈に根性を要する。)
故に専用のコントローラを購入する必要が生じるので、ソフトとあわせると結構な出費になってしまう。
対戦格闘ゲームは「対戦」が醍醐味なので、コントローラは2つ必要だしね!
ここらへんも今ひとつ購入に踏み込みにくい要因になっていたのではないだろうかと思う。
但し再現度はかなり優れていて、ほとんどアーケードと変わりないほどだった。
明らかにスーファミの移植とは一線を画しており、2Dの描画に於いても従来機(スーファミ等)とは圧倒的に性能が勝ると言う事を理解する事ができた。
その描画の滑らかさにひたすら感動したものだ。
アーケードの筐体を購入すれば数十万円もするのだから、コアなファンにとっては安いものだ。
私と同じ理由で3DOを購入した人も多いんじゃないかな?


結果的に世の中にインパクトを与える事が出来なかった3DOは、後発の次世代機であるサターンとプレステに鬼の様な勢いでぶっちぎられてしまった挙句に大きく水をあけられ、あえなくフェードアウトしてしまうと言う悲しい顛末を迎える。
そもそも3DOと言うハードにはハズレのゲームが多く存在していた(と言うより大半?)ので、ソフトを買うのも一種の賭けの様な感覚があった。
流行る訳ねーわな、そんなハード。(笑)
そんな3DOだが、個人的には新しい時代を感じさせてくれた味わい深いハードだった。
後続する次世代機へのバトンだけはしっかりと渡してくれたと思う。
って、やっぱ完全に捨て駒じゃん!!









スポンサードリンク


<<花月嵐 | そこはかとなく書き綴るトップへ | ハローヤングラブ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa