そこはかとなく書き綴る > ラーメン > 創作らーめん小川流

ラーメン

創作らーめん小川流

相模原市の相原の二本松食堂の裏にある為、二本松食堂の駐車場に車をとめてしまいそうになるが、別の店なのでそう言う事はしない様に。
二本松食堂と創作らーめん小川流は直ぐ隣だが、鉄パイプの柵があるので行き来をする事は出来ない。
二本松食堂の駐車場の横に細い道があるので、そこを入って行けば創作らーめん小川流に到着する。
駐車場も4台分あるので、ちゃんとそちらを利用しましょう。


創作ラーメン小川風.jpg


小川の系列と言う事でベースは豚骨のこってり系。
魚介系の香りも程よくブレンドされてて、バランスは良い方だと思う。
万人が食べても問題ない味だろう。
しかし、このスープ、「脂っこい」と言うよりは「油っこい」と感じる。
スープの上の方に油の層が出来ているのだ。
このあたりは好みが分かれるところなのだろうが、私としてはちょっと品が無い様に思えてしまう。

箸で切ることも出来るやわらかいチャーシューが特徴的だ。
チャーシュー好きな人には最高かもしれない。
ここのラーメンの値段はこのチャーシューの量で決まる様である。
が、私はチャーシュー通では無いので、どうでもいいところだ。

麺は大盛りまで無料。
と言うよりは、普通、中盛り、大盛りが自由にチョイス出来ると言った方が正しい。
但し、これはあくまでも個人的な印象だが、中盛りが所謂「並」に相当して、増減させていると解釈した方が無難だ。
つまり普通の量が食べたいなら中盛りを注文するべき。

店としては「ガッツリとしたインパクト」を売りにしている様だが、この辺はちょっと中途半端かなと感じる。
私は大盛りを注文したが量としては全然普通だし、スープも至って普通のスープな訳で、インパクトと言う意味ではラーメン二郎や角ふじ(ふじ麺)、その両方にインスパイアされている三浦屋のとんこつモヤキャベラーメンには遠く及ばない。
至って普通の魚介系豚骨ラーメンだと思って食べないと肩透かしを食らう可能性があるのでご注意の程を。

それにしても、小川ってなんで調味料が少ないんだろう?
昔(本店の話だが)はおろしニンニクやラー油とか置いてあったのだが、ある日を境に大幅に無くなった。
本店は餃子をやっているにも関わらず、醤油すら置かず、自前の餃子のタレがあるだけだ。
一切置かないって、そんなに素の味に自信があるのかな?
私はラー油を沢山掛けておろしニンニクを入れて食べたいのだけどなぁ。
お客に味の選択権を与えないって言語道断だよなぁ。
そんな理由で本店には行かなくなったのだが、ここももう行かないかもな。


スポンサードリンク


<<らーめん一番 黒坊 | そこはかとなく書き綴るトップへ | 戦隊ヒーロー>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa